突発性難聴ハリ治療ネットワーク本部
新橋で20年以上の実績。鍼灸・ハリ治療の一掌堂治療院
突発性難聴のご相談は一掌堂治療院へ
 
ご案内
初めての方へ
ようこそ一掌堂へ
特色と得意分野
設備と備品
院長とスタッフ
一掌堂治療院ブログ
専門治療
★耳関連
 ◆突発性難聴
 ◆耳の治療法集中漸減療法
 ◆急性低音障害型感音難聴
 ◆アクアウォーキング鍼灸療法
 ◆耳鳴りの鍼灸治療
 ◆めまいの鍼灸治療
 ◆メニエール病の鍼灸治療
 ◆耳鳴り記録フォーム(PDF)
 ◆日常生活の注意 (PDF)
 ◆耳のV字筋・内耳ケア (PDF)
 ◆めまいの方に避けて
   避けて頂きたい行動 (PDF)

 ◆アクアウォーキング鍼灸療法(PDF)
★その他専門治療
 ◆更年期障害鍼灸治療喜びの声:新ページ
 ◆不妊症の鍼灸治療
 ◆パソコン疲労
 ◆鬱(うつ)症状
 ◆耳バリ痩身
 ◆クイック耳バリ痩身
突発性難聴ハリ治療ネットワーク
突難ハリネット
突難ハリネット
設立目的
ネットワーク所在地
「突難ハリ治療ネット」
治療成績
喜びのお声喜びの声:新ページ
耳鳴り不眠解消ライブラリー
ヘルプ
よくあるご質問とお答え
ご注意いただきたいこと
めまいの方に
避けて頂きたい行動
突然聞こえなくなったら
ご紹介
治療シミュレーション
メディア取材記事
いっしょう健康倶楽部
(ボランティア便り)
ハリ治療の話
ハリの消毒について
リンク
アクセス
診療時間/料金
保険治療のご案内
所在地/アクセス

地図はこちらから!
 
一掌堂治療院BBS
 

採用情報
インターンシップ
プレ・インターンシップ
採用情報メニュー



一掌堂治療院ブログ

一掌堂治療院
いっしょうどう
ちりょういん


東京都港区新橋
2-10-5-5F




◆ 予約制 ◆
お電話にて
ご連絡下さい。

◆ お問い合わせ ◆


 
一掌堂治療院

 



現在の閲覧者数:





一掌堂治療院

こころとからだ

■ 一掌堂治療院の更年期障害鍼灸治療

更年期障害は鍼灸治療の最適応症のひとつです。
更年期障害とは、閉経前後の体内環境の変化(卵巣機能の低下によるエストロゲン欠乏に基づくホルモンバランスの崩れ)や体外環境の変化(子供の独立、夫の定年、親の介護など)に適応できずにおこる一時的な身体的、精神的不調のことであり、自律神経失調症のひとつです。
私たちの体には環境の変化に対応し、いつも一定の良い状態をキープする力があります。自然治癒力とも恒常性維持機能とも体の生態系とも呼ばれています。暑くても寒くてもいつも一定の良い状態をキープしてくれていますが、更年期の急激な体内、体外の変化についていくことができない場合は様々な症状が出てくることがあります。しかし、そのうち自然治癒力が働いて元の良い状態に戻ることが一般的です。鍼灸治療にはその自然治癒力を活発にし、元の良い状態にできるだけ早く戻るように後押しをすることができます。 エストロゲンが出なくなり不調になったから外からエストロゲンを加える、というのではなく、エストロゲンが少ないままでも自然治癒力を強化することによって不調を克服するのが、一掌堂治療院の更年期障害鍼灸治療です。

CONTENTS
● ホルモンバランスの崩れとは?
● 更年期症状の代表的な症状
● 更年期症状のセルフチェック
● 一掌堂治療院の更年期障害鍼灸治療の実際
● 一掌堂治療院の更年期障害鍼灸治療のよいところ
● 治療シミュレーション
● ホルモンバランスプログラム
● 更年期障害記録療法

● ホルモンバランスの崩れとは?
更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されているエストロゲンの量が減少します。エストロゲンが減ると、脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエストロゲンを分泌するように促します。しかし、更年期を迎えた卵巣は必要なエストロゲンを分泌することができないため、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加、というホルモンバランスの崩れが起こります。その崩れによってホットフラッシュや大量の汗、といった症状が現れます
● 更年期症状の代表的な症状
・ 自律神経失調症症状 頻脈、動悸、激しい血圧の上下、腹痛、ホットフラッシュ (ほてり、のぼせ、多汗)手足の冷え、耳鳴り、口渇、喉のつかえ、知覚過敏、生理不順など
・ 精神症状 イライラ、抑うつ、易怒性、頭痛、不眠、めまい、不安、意欲の低下、集中力の低下
・ 消化器症状 悪心、嘔吐、下痢、便秘
・ 運動器症状 肩こり、腰痛、関節痛
・ 皮膚症状  しみ、しわ、たるみ、透明感の低下
・ 膣や膀胱などの症状 頻尿、尿漏れ、尿が我慢できない、細菌性膣炎、性交痛
● 更年期症状のセルフチェック
更年期症状は、不定愁訴が中心になることが多いようです。不定愁訴とは、検査では異常がないけれど本人はつらい症状を持っている状態のことで、古来より「未病」とも呼ばれています。この未病治療こそ、鍼灸が最も得意とするところです。

さて、あなたの更年期症状はどのぐらいでしょうか? 日本で広く用いられている「簡易更年期指数(SMI)」という自己チェック表を以下に示します。ご自分でチェックしてみてください。

 

更年期チェックリスト

0〜25点: 問題なし。
26〜50点: 食事、運動に気をつけ、無理をしないようにする。
51〜65点: 外来で、生活指導カウンセリング、薬物療法を受けた方がよい。
66〜80点: 長期(6ヶ月以上)治療が必要。
81点以上: 各科の精密検査が必要 。

一掌堂治療院では、25点以内をゴールに3か月を1クールとして2クール以内のゴール達成を目指します

● 一掌堂治療院の更年期障害鍼灸治療の実際
一掌堂治療院では、自然治癒力を高める治療を行います。 治療は、体外からの治療、体内からの治療、自己行動療法の3つの方法の組み合わせです。

@ 体外からの治療
鍼灸治療で体の外から刺激を与えます。
ホルモンバランスプログラムと自律神経調節プログラムを中心にした鍼灸治療です。

A 体内からの治療
食事療法(腹づくり3か条)をお勧めします。腸内細菌のうちビフィズス菌や乳酸菌等の善玉菌を増やすことにより、免疫力を高め、便通を整え、お肌の代謝を促進します。

B 自己行動療法
その1 更年期障害記録療法
  症状が重くなる原因を見つけて改善するために、毎日の天気や睡眠時間、生理、飲食、ストレス、不安、特別な行動等を記録します。何が原因となっているかが明らかになったら、生活と仕事のやり方に工夫を施して原因を失くしていきます。
その2 アクアウォーキング療法
  ストレスを発散し新陳代謝を活発にするために、水を飲むこと、歩くことを毎日続けていただきます。
その3 自宅灸
  治療日以外の日にはご自宅でお灸をすることをお勧めします。ご希望の方にはご指導をさせていただきます。

<治療スケジュール>
1回目はハリを刺してすぐに取る方法で始めます。横向き→横向き→仰向け で行います。
2回目はハリを刺して2〜3分間置いておきます。その間にご希望に応じてお灸もします。熱くなれば動かす間接灸ですから、跡は付きません。横向き→横向き→仰向け で行います。
3回目はハリを刺して10~15分置いておきます。自宅灸のご指導もします。仰向け→うつ伏せ→うつ伏せ で行います。

ハリ治療を受けた経験がある方は2回目から始めても構いません。当初3回はなるべく連続して治療を受けてください。
これ以降は、1週間に1回の治療を原則とします。3か月を1クールとし、2クール以内での健常化を目指します。 。

<治療のゴール(健常化)>
SMI25点以内の復帰をもってゴール(健常化)とします。

● 一掌堂治療院の更年期障害鍼灸治療のよいところ
 @ 自然治癒力向上に寄与するのでさまざまな病気の予防につながります。
 A 薬やホルモン剤を使用しないので副作用の心配がありません。

● 治療シミュレーション

通院期間の院内治療(2回目の治療)
右横向きで、右半身もみほぐし(8分)
腰部、腹部にホットパック。希望により、枕元にアロマ。
ハリ23本置鍼。最も細い鍼で最浅刺法(2分)

右半身もみほぐし

左横向きで、左半身もみほぐし(8分)
腰部、腹部にホットパック。希望により、枕元にアロマ。
ハリ23本置鍼。最も細い鍼で最浅刺法(2分) 。

背中、腰、仙骨部に、温灸を10箇所施灸。

10箇所施灸

仰向けで、腹部にホットパックをしながら、後頸部とV字筋(胸鎖乳突筋)ケア(5分)

V字筋(胸鎖乳突筋)ケア

以上が、院内での2回目の治療の流れです。3回目からは仰向け→うつ伏せです。

<ホルモンバランスプログラム>
ホルモンバランスプログラムは、鍼灸治療でホルモンバランスを整える治療法です。

ホルモンの仕組みは3段階になっています。卵巣や精巣や甲状腺あるいは副腎皮質などから出る「働きホルモン」、視床下部から出る「指令ホルモン」、脳下垂体から出る「上部指令ホルモン」の3段階です。例えば、卵巣から出る「働きホルモン」のエストロゲンは視床下部から出る「指令ホルモン」である卵胞刺激ホルモンの刺激によって出ます。その卵胞刺激ホルモンは脳下垂体から出る「上部指令ホルモン」のゴナドトロピン放出ホルモンの刺激によって出ます。3段階のうち2段階は首の上にあるので、首のコリや締め付け等によってそれらのホルモンが十分に出なくなることがあります。

近年、この円滑な流れがブロックされる傾向が強くなってきました。日常生活の中で長い時間を占めるPC作業や各種モバイル操作などで、首の緊張、首のコリが高まり、「首の異常な緊張がホルモンバランスを崩し始めている」というのです。首が締め付けられた状態になると、ゴナドトロピン放出ホルモンや卵胞刺激ホルモン等が出にくくなります。これによって、続いて起こるはずのホルモンの放出と分泌も妨げられるので、ホルモンバランスが崩れるのではないか、という見方があります。

一掌堂治療院では、このホルモンバランスの崩れを正常な状態に戻すための鍼灸治療を行います。最大の特徴は「胸鎖乳突筋の緊張を解きほぐす」というところにあります。「胸鎖乳突筋」は首の部分にあるもので、これが緊張すると首が圧迫されてホルモンバランスが崩れる可能性があります。そこで当院では、「胸鎖乳突筋」の緊張をとることにより、全身のバランスをとり身体を本来の健康な状態に戻すことをめざします。


<更年期障害記録療法>
毎日の天気や睡眠時間、生理、飲食、ストレス、不安、特別な出来事等を記録し、更年期症状の悪化要因を明らかにし、生活の改善を図ることにより更年期症状の軽快を目指します。



TOPページ 治療の特色 HOME
突発性難聴専門鍼灸院  一掌堂治療院
東京都港区新橋2丁目10番5号 末吉ビル5階
TEL&FAX 03-3591-0505 (予約制)